Loading

有森裕子(ありもりゆうこ)

バルセロナオリンピック銀メダル
アトランタオリンピック銀メダル

プロフィール

有森裕子

1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』でプロマラソンランナーを引退。1998年NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現・株式会社RIGHTS. )設立。
国際オリンピック委員会(IOC)スポーツと活動的社会委員会委員、スペシャルオリンピックス日本理事長、日本陸上競技連盟理事。他これまで、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等の要職歴任。
2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム・シハモニ国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。

講演テーマ例

「世の中にたった一人しかいない自分の生き方にこだわること」
「二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること」

有森裕子有森裕子

主な著書

「アニモ」1997年(株)メディアファクトリー刊
「わたし革命」2003年岩波書店刊
「有森裕子と読む人口問題ガイドブック」国際開発ジャーナル社

お問い合わせ
TEL:03-6454-0839

営業時間:10:00~18:00/定休日:土・日曜日・祝日

お見積もり・ご相談は「株式会社オフィスNOEL(ノエル)」までお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP